アカガシ

科目:ブナ科 | 広葉樹
その他の名称:アラカシ、オオガシ、オオバガシ、カタギ(堅木)、ハビロ、イボガシ、チガシ、オーク[Ork]など
学名:[Quercus acuta]


Quercus acuta

産地

国内では新潟以南の比較的暖かい地域に生育している。

特徴

樹高が20m以上、胸高直径が0.7mほどの大きさに成長する木である。国産の木材の中で最も硬い品種のひとつだと言われており、材が強靭で強度が高く、赤みがかっている事が名前の由来となっている。
中には比重が1を越えているのものもあり、切削加工は非常に困難で乾燥方法も難しい部類に属するが磨耗に強い耐性を持つ木材で、水に強く、乾燥後は狂いも少ないという特徴を持っている。
赤みを帯びた重厚な風合いは他の材には見られず、見た目も強度も最高品質の木材だと言える。
ヨーロッパでも同じ種類に属するオーク[ork]が大変、優秀な木材として高い評価を受けている。

余談だが、秋になると田舎に暮らす多くの人にとって馴染み深い「ドングリ」がこの木に実る。
また、国内で唯一、目通り幹囲が10mを越す推定樹齢が300年以上とされるアカガシが愛知県北設楽郡で確認されている。

気乾比重:0.87

用途

硬さが特徴の材の為、それを活かし、ノミに代表される工具の柄、木刀、カンナの台、磨耗しやすい敷居の溝などに使用されている。
また造船の際は船縁、舵、櫂など重要な部分に利用されており、造船の際も欠かせない木材となっている。

色調

辺材は淡い紅黄褐色、心材は淡い紅褐色、辺材、心材共に近い色調を持っており、ゆっくりと変色している為、明確な境界は見つけづらくあまりハッキリしていない。